2018年2月8日 更新

伊豆での非日常、そのクライマックスでありたい。伊豆アニマルキングダム 村木恒弘さん

動物との「体験」をテーマにお客様から絶大なる人気を誇る、 伊豆アニマルキングダムの村木恒弘さんにお話を伺いました。

404 view お気に入り 0

自己紹介

伊豆アニマルキングダムの村木です。地元伊豆稲取出身で、20年以上アニマルキングダムの一員として、お客様によりご満足いただけるテーマパークを目指しています。お客様の園内でのお楽しみ方は、主に「遊ぶPlay」、「触れるTouch」、「食べるEat」がございます。そして、これら全てに、伊豆アニマルキングダムの一番のこだわりである「体験」が共通してございます。

園内の紹介や動物の紹介はHPやパンフレットにお任せして、この「体験」に特化して、エピソードを交えながらお話をさせていただきます。
 (341)

旅館社長とのエピソード

ある日、ある時、町のある旅館さんから、お電話をいただきました。「体験」にまつわる当園らしさが出ているエピソードですので、まず初めにこちらを是非ご覧ください。
私:伊豆アニマルキングダムでございます。

旅館社長:お世話になってございます。お久しぶりです。とても大切なお客様からのご依頼で、観光スポットを探しているのですが、今お話し大丈夫ですか?

私:もちろんです。どんなお客様でどんな観光スポットを探されているのですか?

旅館社長:都内のお客様で、お子様が大の動物園好きです。都内の有名な動物園は行き尽したらしいんですよ。伊豆の動物園に興味がある一方、伊豆に来てまで動物園と迷われているみたいです。伊豆アニマルキングダムさんと、他の動物園さんとの違いってなんですかね?

私:当園では、「体験」をテーマにしています。規模の大きさでは都内の動物園に及ばないかもしれませんが、「体験」の大きさでは決して負けないと自負していますよ。

旅館社長:「体験」って動物を触ることですか?

私:それも「体験」の一部ですね。もっとわかりやすく言いますと、社長。社長は子供の時、当園にお越し頂いたことはございますか?

旅館社長:そうですね。東伊豆町出身ですので、小学生の時にお邪魔したことがありますね。それがどうかされましたか?

私:その節はありがとうございました。そのときの記憶で残っているものはありますか?

旅館社長:そうですね。たしか、キリンに餌をあげたとき、キリンの大きさにびっくりしました。顔だけで私の身長くらいありましたかね。

私:30年前の思い出でも、思い出せるでしょう。ただ動物を見ただけではそうはいかないと思います。より思い出に残るもの。それが「体験」です。

旅館社長:なるほど。納得ですね。今回は、アニマルキングダムさんにお願いしましょう。

私:ありがとうございます。よろこんで。

「体験」の紹介

「体験」と聞いてまず思い浮かべるのは、動物と触れ合うことかと思います。当園では、キリンやホワイトタイガーなど大型動物への餌やり、小動物との抱っこなど。様々な「体験」を日々のイベントとして用意してございます。ぜひ、「本日のイベント」をご覧くださいませ。中でも、お子様にとって大きな「体験」となるのは、バックヤードツアーです。アニマルキングダムの飼育員になった気分を「体験」できます。こちらも、「本日のイベント」にしっかり盛り込まれてございます。
また、当園では、広大な敷地の中にキリンやサイ、シマウマ、ムフロンやブラックバック、オリックスなどの草食動物たちが放し飼いになっています。自然に近い形で過ごしている動物たちの群れの中を歩く、ウォーキングサファリ。まさに、サバンナのような「体験」ができます。
 (338)

最後に、当園では、お食事のときにも「体験」をしていただきます。当園の展望レストランは、海が見える絶景のレストランとしてご好評いただいてございますが、見えるのは絶景だけではございません。なんと、レストランアニマルキングダムからは、ホワイトタイガーなどの猛獣も見えるのです。「とても美味しいですが、食事どころではないですね」とお客様からご好評を頂いてございます。たしかに、食事どころではないかもしれませんが、動物を身近で見られ、喜ぶお連れ様やお子様の笑顔が最高の調味料となることでしょう。
 (339)

非日常のクライマックス アニマルキングダムの「体験」

当園のお客様は、伊豆の宿泊施設さんに宿泊される方が大半です。そのお客様は、非日常を求めて、伊豆にお越し頂いている方が多いのではないでしょうか。温泉に美味しい海の幸、絶景など、伊豆には非日常がてんこもりです。そんな非日常のクライマックスでありたい。それが、伊豆アニマルキングダムで働く私たちの目標です。

旅館社長とのエピソードにありますように、「体験」による思い出は長く記憶に残ります。動物を何度も見るのは飽きてしまうかもしれませんが、「体験」は飽きません。毎回違う発見、感動がございます。当園は他の動物園様と比較しても、何度もご来館いただくお客様がとても多いテーマパークです。宿泊施設さんにリピーターさんが多いのも理由の一つかと思いますが、当園での飽きない「体験」に魅力を感じて頂いらっしゃるお客様も多いのかと思います。そんなお客様が一人でも増えて頂けるよう、スタッフ一同、動物たちと共に歩んでまいります。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

名物おばちゃんが語る、商品完成の「最後のピース」とは??徳造丸 海鮮家店長 西島 智子さん

名物おばちゃんが語る、商品完成の「最後のピース」とは??徳造丸 海鮮家店長 西島 智子さん

伊豆に多くの店舗を構える、徳造丸 海鮮家。その中でも特に魅力を放ち、多くのファンを抱える名物おばちゃん。 店長 西島さんにお話を伺いました。
管理者 | 195 view
「地元らしさ」と「他のお菓子にない何かを求めて」。お菓子作りマイスター『甘味しるこや 悠遊庵』内山 雄志さん

「地元らしさ」と「他のお菓子にない何かを求めて」。お菓子作りマイスター『甘味しるこや 悠遊庵』内山 雄志さん

自家製のお菓子は地元の旅館さん、売店さんから注文殺到!そんな大人気のお菓子や、銘茶・コーヒーを店内で愉しめる、『甘味しるこや 悠遊庵』内山雄志さんにお話を伺いました。
管理者 | 191 view
絶景とおもてなしの「稲取ゴルフクラブ」 村山徹さん

絶景とおもてなしの「稲取ゴルフクラブ」 村山徹さん

伊豆で有数の絶景ゴルフ場として知られる、「稲取ゴルフクラブ」の村山徹さんにお話を伺いました。
管理者 | 196 view
伊豆ニューサマーサイダー誕生秘話 山田豪彦さん

伊豆ニューサマーサイダー誕生秘話 山田豪彦さん

新商品 伊豆ニューサマーサイダーの開発など新しい農業のスタイルに挑戦し続け、その取り組みが評価され静岡県知事から表彰もされた、稲取園芸株式会社の山田豪彦さんにお話をうかがいました。
管理者 | 711 view
昔は当たり前にいた『蛍』をもう一度。 奈良本ホタルの会 木村明良さん

昔は当たり前にいた『蛍』をもう一度。 奈良本ホタルの会 木村明良さん

10年以上続いてる奈良本けやき公園の蛍祭り。その立ち上げメンバーであり、今も陰で会と祭りを支えている、木村明良さんにお話を伺いました。
管理者 | 383 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者