2018年2月8日 更新

絶景とおもてなしの「稲取ゴルフクラブ」 村山徹さん

伊豆で有数の絶景ゴルフ場として知られる、「稲取ゴルフクラブ」の村山徹さんにお話を伺いました。

196 view お気に入り 0

自己紹介

稲取ゴルフクラブの村山です。下田市に生まれ、25年前に伊豆に戻ってまいりました。
「お客様の笑顔の為に」と「日常とは違った時間の中で心身を解き放して頂きたい」をモットーに稲取ゴルフクラブの一員として勤務しております。現在は、営業及び企画担当として業務にあたっております。この場を借りて、ホームページやパンフレットでは中々お伝えできない、稲取ゴルフクラブの「絶景の裏側」と「接客」をお伝えします。
 (290)

 (214)

絶景の裏側にあるもの・・

当クラブは36ホールのゴルフ場で、9ホールづつ名称を付けた「海コース」・「山コース」・
「島コース」・「森コース」4つのコースがございます。コースターンは固定でございまして、「海コース⇔山コース」と「島コース⇔森コース」となっております。いずれも地形の特徴を活かしたコースとして、その眺望をお客様の技術のレベルに関係なくご好評いただいております。その眺望の裏側にある、当ゴルフ場の歩み、演出をご紹介いたします。

伊豆といえば、「海」と思い浮かべる方が多いと存じます。そのような中、「海」と「山」を両方臨める稀有な立地である稲取高原にて、昭和39年稲取ゴルフクラブは誕生いたしました。その当時は、コースを整備する重機が現在ほど発達しておりませんでした。そのため、自然の地形をそのままに残す丘陵コースとなっております。グリーンは「ベント」と「コーライ」の2グリーンで、森コース以外のグリーンは「サンドグリーン」となっており、多少の雨ではグリーンに水が浮く事はございません。四季折々の風に吹かれながら、喧噪とは離れた時の流れをご堪能下さい。


また、この眺望を最大限お楽しみいただけるよう、フロント、レストラン、クラブハウスを設計、演出してございます。特に、ロビー及びレストランの大きなガラス窓からの眺めは最高です。遠方に浮かぶ伊豆七島の島影は風景の一つとなっております。そして、数年前に隣接する三筋山山頂に出来た10を超える風車も、風景に溶け込み眺望にアクセントを加えてくれています。

加えて、稲取の国道から当ゴルフ場までの道のりも、コースからの眺望とはまた違った美しさがございます。コースを左手に上る坂道。次第に澄んでくる空気、季節ごとに衣を変える木々、鹿の散歩。思わずゴルフ場に到着する前にお車から出てしまったというお客様が数多くいらっしゃいます。

これらの眺望と演出が、お客様のゴルフの楽しみを倍増してくれることを、切に願っております。
 (210)

(左上:森コース)
林にセパレートされ変化の中にも落ち着いた雰囲気を醸し出す森コース

(右上:山コース)
戦略性に富んだ稲取で一番タフな山コース

(左下:海コース)
歴代の名士が“こだわって”造り上げた海コース

(右下:島コース)
伊豆七島を見渡す絶好のロケーションで爽快な島コース
 (213)

「パラグライダ―」から撮影いたしました全景でございます。

お泊りになる旅館さん・ホテルさんに負けないくらいの接客を

稲取ゴルフクラブの場合は、どんなに眺望がよくても、どんなにコースが面白くても、それだけでは他のゴルフ場様以上に満足していただくことは難しいです。なぜなら、稲取ゴルフクラブでプレーされるお客様は、東伊豆町の旅館さん・ホテルさんに宿泊される方が多いからです。東伊豆町は、他の地域に比べ、宿泊施設激戦区として知られ、お客様によりご満足いただけるよう、皆様しのぎを削っております。そのため、そのサービスを受けているお客様に通常のゴルフ場の接客をしても、ご満足いただけないどころか、お客様の旅行全体の満足度を下げてしまうのです。正直、最初からハードルを上げられてしまっているのです 笑

そのような中、稲取ゴルフクラブは、お客様がお泊りになる旅館さん、ホテルさんに負けないくらいの「一歩近づいた、いい意味で人懐っこい接客」を心がけています。ゴルフは紳士のスポーツではございますため、それゆえ紳士に合わせ気取った接客を心がけているゴルフ場様が多いかと存じます。そんな紳士にも、笑顔によるほっこりするひとときが必要なのではないでしょうか。稲取ゴルフクラブは、そう思います。

私は営業担当として多くの宿泊施設様に足を運びます。人気が高い施設様ほど、スタッフの方が笑顔で、状況を読んで声がけをしてくれます。その素晴らしかった接客を当ゴルフ場にも共有をし、一歩上の接客を目指しております。「昨日泊まった旅館みたいに笑顔が多いゴルフ場だね。」
チェックイン時にお荷物をお持ちする際に、お客様におっしゃっていただきました。接客をしたのは私ではございませんでしたが、自分におっしゃっていただいた以上に嬉しく存じました。

そんな自慢のスタッフと共に、お客様によりご満足いただけるゴルフ場を目指して参ります。

 (215)

 (207)

【お車でのご来場】
東京方面より 約3時間
東名高速 「厚木IC」→ 小田原厚木道路「小田原」→ 国道135号・真鶴ブルーライン「熱海」→ 「伊東」→ ゴルフ場

関西方面より 沼津I.C.より約2時間
「沼津」→ 国道1号・国道136号「修善寺」→「河津」→ 国道135号→ ゴルフ場

【お電車でのご来場】
伊豆稲取駅よりクラブバス運行
※予約制でございますので、ご利用の際はご連絡ください。
 (205)

14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

名物おばちゃんが語る、商品完成の「最後のピース」とは??徳造丸 海鮮家店長 西島 智子さん

名物おばちゃんが語る、商品完成の「最後のピース」とは??徳造丸 海鮮家店長 西島 智子さん

伊豆に多くの店舗を構える、徳造丸 海鮮家。その中でも特に魅力を放ち、多くのファンを抱える名物おばちゃん。 店長 西島さんにお話を伺いました。
管理者 | 195 view
「地元らしさ」と「他のお菓子にない何かを求めて」。お菓子作りマイスター『甘味しるこや 悠遊庵』内山 雄志さん

「地元らしさ」と「他のお菓子にない何かを求めて」。お菓子作りマイスター『甘味しるこや 悠遊庵』内山 雄志さん

自家製のお菓子は地元の旅館さん、売店さんから注文殺到!そんな大人気のお菓子や、銘茶・コーヒーを店内で愉しめる、『甘味しるこや 悠遊庵』内山雄志さんにお話を伺いました。
管理者 | 191 view
伊豆での非日常、そのクライマックスでありたい。伊豆アニマルキングダム 村木恒弘さん

伊豆での非日常、そのクライマックスでありたい。伊豆アニマルキングダム 村木恒弘さん

動物との「体験」をテーマにお客様から絶大なる人気を誇る、 伊豆アニマルキングダムの村木恒弘さんにお話を伺いました。
管理者 | 404 view
伊豆ニューサマーサイダー誕生秘話 山田豪彦さん

伊豆ニューサマーサイダー誕生秘話 山田豪彦さん

新商品 伊豆ニューサマーサイダーの開発など新しい農業のスタイルに挑戦し続け、その取り組みが評価され静岡県知事から表彰もされた、稲取園芸株式会社の山田豪彦さんにお話をうかがいました。
管理者 | 711 view
昔は当たり前にいた『蛍』をもう一度。 奈良本ホタルの会 木村明良さん

昔は当たり前にいた『蛍』をもう一度。 奈良本ホタルの会 木村明良さん

10年以上続いてる奈良本けやき公園の蛍祭り。その立ち上げメンバーであり、今も陰で会と祭りを支えている、木村明良さんにお話を伺いました。
管理者 | 384 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者